バトル・ニュース

第6試合


Uインター出身の金原と松井が、それぞれUWFの重鎮・藤原、そしてパンクラス出身の超人・ミノワマンをパートナーにして激突。この試合からPRIDEで活躍した太田真一郎リングアナがコール。
松井、金原、藤原、ミノワマンの順に一人ずつ入場。金原が藤原を指名するが、ミノワマンが強引に金原を下げて先発を買って出る。藤原と相対したミノワマンは片足タックルでテイクダウンを奪うとアキレス腱固めへ。

だが、藤原もアキレス腱固めで対抗。しかし先にロープに逃れたのは藤原。ここで藤原は松井にタッチし、一瞬気を抜いたミノワマンを電光石火のワキ固めに捉える。不意を突かれたミノワマンは金原にタッチ。金原はローからミドルを叩き込むが、組み付いた松井は投げていく。
しかし背後に回った金原はスリーパー。背負い投げで逃れた松井だが、金原はフェイントからカカト落としを脳天に叩き込むと、倒れた松井にニードロップを落としてダウンを奪う。

立ち上がった松井を相手コーナーに投げつけた金原は藤原に向かって手招き。タッチを受けた藤原はニヤリと笑うと、金原のハイキックを辛くもブロック。そこにタックルを仕掛けた金原だが、腹固めで切り返した藤原はワキ固めにスイッチ。ロープに逃れた金原だが、すとんピングを落とした藤原は一本足頭突きでダウンを奪う。
藤原をコーナーに追い詰めてミドルキックから掌底を叩き込んだ金原だが、体勢を入れ替えた藤原は張り手をお見舞い。脇の差し合いからロープに押し込んだ藤原はまたも張り手。金原もオーバーハンドの掌底を返してダウンを奪うとミノワマンにタッチ。

ミノワマンのドロップキックをかわした松井は逆にドロップキック。ミノワマンもかわしてドロップキック。これもかわした松井はバックを取るが、ミノワマンはアキレス腱固め。松井がそのままタッチすると、藤原が元祖アキレス腱固めに捉える。今度はミノワマンがそのままタッチするが、藤原は金原にもアキレス腱固め。
金原がロープに逃れると藤原は松井にタッチし、ダブルでスタンディングのアキレス腱固め。さらに松井がドロップキックを叩き込むが、金原もタックルでテイクダウンを奪うと腕十字を狙う。松井はアキレス腱固めで切り返すが、金原はミノワマンにタッチ。

今度は金原とミノワマンがダブルのアキレス腱固めを極めていく。ミノワマンはボディへのソバットから水車落としで叩き付けると、腕決め袈裟固めを狙うが、松井は腕十字で切り返す。10分が経過し、うまく脱出したミノワマンは金原にタッチ。松井とタッチした藤原はボディブロー。
金原が張り手を返すと、藤原は朦朧としながらもワキ固めに捉える。ロープに逃れた金原だが、藤原は一本足頭突きから松井にタッチ。ヒザ十字固めに捉えた松井だが、金原はロープに逃れると掌底からカカト落とし。

 これをかわした松井はタックルでテイクダウンを奪うが、金原とタッチしたミノワマンがバックを取る。ロープを掴んで投げられるのを阻止した松井は逆にバックを取ると強引にジャーマンで投げ捨てる。ダウンしたミノワマンだが、カウント8でどうにか立ち上がる。もう一度バックを取った松井だが、ミノワマンはビクトル投げからヒザ十字固め。
藤原がカットに入ろうとしたが、その前にミノワマンがヒールホールドにスイッチしたため松井がタップ。勝ったミノワマンは警戒しながら藤原とも握手を交わすと、S.R.F.8回(スタンディング・リアル・フィスト)。金原も一緒になって拳を突き上げた。