バトル・ニュース

第1試合


安生曰く「キングダムを救ってくれた日本人選手」というMAX宮沢がオープニングマッチに登場。花鳥風月所属でハードヒットなどにも参戦している服部はまずはタックルを仕掛けていきテイクダウン。ヘッドシザースに捉えた宮沢だが、倒立から首を抜いて脱出した服部。
ローを蹴っていく宮沢だが、掌底をかわした服部はドロップキックで倒すとレッグスプリットに捉える。

ロープに逃れた宮沢は左右の掌底から首相撲に捉えるとヒザを入れてからスロイダーで投げる。ヒザ十字固めを狙う宮沢だが、逆にアキレス腱固めを決めた服部。宮沢もヒールホールドにスイッチすると、服部は慌ててロープに脱出。
服部のタックルを切った宮沢はロー。右足に絡みついた服部は、ロープを掴んだ宮沢をジャーマンで投げ捨てるが、立ち上がった宮沢は服部をドラゴンスクリューを返すとヒザ十字固めを決めてギブアップを奪った。