バトル・ニュース

第5試合


試合開始前、出場する4選手に株式会社ディー・エヌ・エーより『Yahoo! Mobage』の公式見習いガイドであるヤバミちゃんがデザインされたヤバミちゃんTシャツが贈呈された。
先発はイオと木村。木村は竹下を要求するが、イオがこれを止め中央で力比べを要求も、木村はそれを受けるか観客に聞く。これで木村コールが起き力比べへ。木村がイオを押しつぶし、ブリッジになったイオの上に乗り膝を入れていく。それに耐えたイオが巻き込んで木村を立たせると、組付き式のアームホイップで投げドロップキックを放つがこれは木村が避けストンピング。木村はヘアーホイップで2連続でイオを投げ、3回めを狙うがこれはイオが着地し木村を丸め込むもすぐに木村はキックアウトし距離を取る。両者タッチ。

竹下と大石となり、大石がガットショットからヘッドロック。これを竹下が押して逃れようとするが大石が髪を掴む。これを強烈なチョップを竹下が放ち、大石をリフトアップしアティテュード・アジャストメント。
大石は竹下の顔面をかきむしりコーナーに叩きつけると木村にタッチ。
木村は竹下をロープにもたれさせると、大石とともに顔面に攻撃していく。改めて逆方向のロープに竹下をもたれさせほっぺたをつねっていく。木村は大石にタッチ。

大石と木村はダブル攻撃から大石がストンピング。フライングメイヤーからフィストドロップ。竹下の強烈なエルボーに大石がナックル。これに竹下はグーで攻撃しようとするもチョップを叩き込み竹下はタッチしようとするが、大石はその足を掴んで逃さない。木村も出てきてトレイン攻撃を狙うが、竹下は先に走ってきた大石を避けて木村にゼロ戦キック。大石にもドロップキックを叩き込みイオにタッチ。

イオは大石に側転エルボーからフェースクラッシャー。フォールも2。大石はイオの顔面につば攻撃。これに怒ったイオは大石に619。大石はそのまま木村にタッチ。

木村はイオの顔面につば攻撃からエプロンのイオをぶっこ抜きブレーンバスターを狙う。イオはそれをロープの反動をつけジャンプして逃れると走りこむが、それを木村はキャッチしボディスラム。フォールも2。

イオは掌底アッパーカット二連発からミドルキック。木村はこれをキャッチしその足へエルボードロップからブレーンバスターを狙うが、イオは胴締めフロントネックへ。木村はそのまま立ち上がりそのイオをブレーンバスターで叩きつける。

木村はケンカキック連発からロープに飛ぶが、イオはウラカン・ラナで丸め込みフォールも2。イオは竹下にタッチ。

竹下はバックドロップを狙うが、木村はそれをエルボーでこらえる。だが竹下は強引にブルーサンダーを叩き込みフォールも2。竹下と木村はエルボー合戦。竹下がロープに飛ぶが木村は追走してビッグブーツ。今度は木村がロープに飛ぶが竹下が追走ビッグブーツ。竹下はブレーンバスターで投げようとするが、そこを木村が卍固め。イオがカットに出てくるが大石がイオにコブラツイスト。これを離すと木村は大石にタッチ。

大石はダブルチョップで竹下を倒しフォールも2。大石はエルボーからローリングエルボーを狙うが、竹下がガットショットでカットしヘッドバッド。ロープに飛んでラリアットをはなつが、これを避けた大石がバックを取るも、竹下がバックをとって投げようとするが、それを大石がヨーロピアンクラッチで丸め込むも2。そのままサムソンクラッチに移行しフォールもイオがカット。

木村と大石が二人でブレーンバスターで竹下を投げようとするが、耐えた竹下の膝を蹴ってハーフダウン状態にするとサンドイッチドロップキック。さらにダブルのハンマーを狙うが、これを竹下が避けたところでイオがスワンダイブ式のミサイルキックを放ち大石と木村を蹴散らす。イオが大石を立たせようとするが、木村が背後からハンマーを落とし、ダブルの攻撃を狙うが、イオがこれを側転でカットし二人まとめてドロップキック。
リングで横たわる二人めがけて、イオは竹下の肩に飛び乗り肩車状態から竹下が補助してのセントーン。うつむく木村をイオは阿吽で場外に叩きだしそこへ場外ケブラーダ。
リング上では竹下がユルゲンラリアットからぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪った。