バトル・ニュース

エンディング


試合を終えたオナホはマイクを持つと「いてー! ちんこさん、最強に! 楽しかった! いろんな事あったけど、一番、楽しかった。一年前、メインで、見てから、絶対倒してーと思った! ありがとうございます!」とちんこにマイクを渡す。しかしオナホが叫んでる途中でマイクが断線したので、ちんこは生声で「オナホ! 学生プロレス界一、ベンチプレスが上がるのに、学生プロレス界一心が弱いお前に! 負けると思わなかった! 俺には、同期がみんないなくなっちゃうとか、言ってるけど、SWSにもまだいっぱいいるし、Uにも、Uなんかお前と同じ境遇で理ちゃんしかいなくなっちゃうんだ。でも! セミメインと! それから大塚、ショーモ、三年生があんなにすごい試合をして、これだけ後楽園ホール沸かせてるんだから、お前も、何も寂しくないだろう! ウサギだって、死なないだろう!」とマイクを投げる。
オナホは「泣かねーよ! ウサギはもう泣かねーし、涙も流さねー! 俺が! 最強になる! 本当に、ありがとうございました!」とちんこと握手。ちんこも「また一緒にトレーニングしよう」と抱き合った。
最後は全選手がリングに上がり、オナホの掛け声で「学生プロレス・ダー!」を満員のお客さんと一緒に叫び学生プロレスサミット2015は終了した。