バトル・ニュース

第7試合


現役NUWA王者のオナホと、3年連続学プロサミットのメインイベントを務めるちんこの対決。

握手からクリーンなスタート。ちんこがロープに押し込んでブレイク。ブレイクするとちんこがオナホの頭を撫でる。今度はオナホがちんこをロープに押し込むがこちらもクリーンブレイク。
ちんこがオナホをヘッドロックで捕らえるが、オナホが手首を取りバックを取る。お互い手首の取り合いからグラウンドに持ち込みちんこがマウントポジション。フォールから2で返されるとちんこが腕ひしぎに移行するも、オナホがキックアウトして距離を取る。

手四つに組み、ちんこが押し勝つとスナップメイヤーから腕関節を決めていく。
ちんこはオナホを立ち上がらせるとお互いチョップの打ち合い。
ちんこがオナホに膝を入れてからショルダータックル。オナホはこれを受け止めショルダータックルの打ち合い。これはオナホが打ち勝ちボディスラムで投げようとするが、耐えたちんこをものともせず投げつけエルボードロップを投下。さらにボディプレスを投下しフォールも2。

オナホはちんこをコーナーに振るとガットショット連打から顔面を蹴りつけようとするが、キャッチしたちんこが強烈なチョップを喉に叩き込み、コーナーでマシンガンチョップ。さらに串刺しボディスプラッシュから改めて串刺しボディスプラッシュ。そしてフェイスバスターからフォールも2。
ちんこはオナホにボディスラムから逆エビ固め。これをロープを掴んだオナホへちんこが走りこむも、これを膝でカットしたオナホがリストクラッチ式ネックブリーカードロップ。改めてフライングメイヤーから腕極め式のフェイスロック。オナホはちんこの背中に膝を突き立ててからドロップキックを叩きこみフォールも1。

オナホはラリアットを放つが、ちんこが避けてロープに飛ぶ。だが走りこんできたちんこをオナホがアラバマスラムで叩きつけフォールも2。

オナホはちんこを担ぎ投げようとするが着地したちんこがバックを取る。だがオナホがこれを抜けて走りこむが、ちんこがチョップから膝を叩き込みアルゼンチンで担ぎ上げる。しばらくアルゼンチンで傷めつけてからマットに叩きつけると、ぶっこ抜きジャーマンで叩きつけフォールも2。

ちんこはオナホを担ごうとするが、オナホは足払いからジャックナイフ。これを2で返したちんこにオナホはDDT。これにたまらずちんこは場外に逃げる。そこへオナホはコーナーから走りこんで対角線トペを発射。

オナホは場外で机をセットしエプロンからちんこを叩きつけようとするが、エプロンでのエルボーの攻防からちんこが場外の机に向かってオナホをパワーボムで叩きつける。さらに鉄柱に机を立てかけると、そこにオナホを寄りかからせ、ちんこがスピアーを叩き込み机もろとも真っ二つ。
場外カウント19でなんとかオナホはリングインするも、ちんこはすぐにパワーボムを狙う。耐えるオナホにハンマーを落としていったちんこはグーパンチでとどめを刺そうとするが、これを避けたオナホが走りこむも、これをキャッチしたちんこが一回転式のパワースラムでリングに叩きつけフォール。なんとか2で返したオナホをちんこはパワーボムで投げようとするが、オナホはリバースして担ぐと牛殺し。

オナホは担ごうとするが、着地したちんこへオナホはエルボー連打から東京ピンプス。フォールも2。

オナホはボディスラムでちんこをセットすると、コーナ―に登りダイビングボディプレス。これを避けたちんこがジャーマンスープレックスホールド。キックアウトしたオナホをコーナーに逆さ吊りにすると、串刺しスピアーを叩き込んでいく。グロッキーのオナホを担ぐとランニング式シットダウンパワーボム。そのままフォールもカウントは2。

ちんこはオナホを担ぐも、オナホは着地しスクールボーイ。更にサソリ固めを仕掛けるがこれはちんこがロープを掴む。

両者エルボー合戦からちんこがナックル。さらにフルスイングのナックルを叩き込んでからスプラッシュマウンテンを狙うが、着地したオナホにレインメーカー式のスピアーを叩き込むが、キャッチしたオナホが夢幻を叩き込みロープへ飛ぶ。走りこんだオナホをラリアットで迎撃したちんこが、オナホをロープに座らせて雪崩式スプラッシュマウンテンを叩き込む。フォールに行くかと思われたが、ちんこはコーナーに登りマッドスプラッシュ。フォールもなんとカウント2!

ちんこは改めてコーナーに登るが、オナホは立ち上がると正面に上る。コーナー上でエルボーの応酬から、ちんこが頭突き連発。オナホはこれを耐えて頭突きを返すと、雪崩式のヘビーレインを狙うがこれは崩れてリングに落ちる。改めてオナホがヘビーレインをちんこに叩き込むが、オナホはダメージが大きくフォールに行けない。
なんとか立ち上がったオナホがちんこにレインメーカーを叩き込んで絶叫すると、リストクラッチ式垂直落下東京ピンプスを叩き込んで、オナホが見事勝利した。