バトル・ニュース

第6試合


試合前にスモークが焚かれる豪華な試合に。ヒールユニットであるスパン軍には大量の紙テープが飛ぶ。

先発はスパンとバーベ。腕の取り合いからバーベがスナップメイヤーでスパンにフェイスロック。すぐにスパンは返しヘッドロック。それをバーベが担ぎ上げ自軍コーナーに叩きつけると理にタッチ。

理はスパンとチョップ合戦。スパンは後ろ手に組み胸を突き出し理のチョップを受けていく。だがスパンは全て受けると見せかけてサミング攻撃からカリートにタッチ。

カリートはヘッドロックからショルダータックルで倒し走りこむも、理はアームホイップで叩きつけストンピング。理はバーベにタッチ。

お互いナックルの応酬からバーベが倒しサーフボード。そのまま立ち上がると改めてグラウンドに持ち込む。それを抜けだそうとするカリートをフロントネックで捉えると理にタッチ。

理とカリートがエルボーの応酬からカリートのエルボーを交わした理がドロップキックを叩き込み場外に落とすと、スパンも落としそこへ理がノータッチトペを発射。さらにバーベも場外ダイブ。そのまま場外乱闘となり、スパンが椅子を持ち出し場外で凶器合戦。

チョップ合戦からスパンが倒しグラウンドで潰していくが理はロープへ。スパンは理へ串刺しバックエルボーからフェイスバスター。スパンはカリートにタッチ。

カリートはニーリフトから顔面に膝を連打。さらにハーフダウンの理へサッカーボールキックからPK。フォールも2。
カリートは理をロープに振るが、理はランニングエルボーで倒しバーベにタッチしようとする。それをカリートが立ち上がりカットすると、カリートはスパンにタッチ。

スパンはブレーンバスターで理を叩きつけ、胴締めネックロックで理はギブアップ寸前。そこをバーベがカットもカリートがバーベを場外に投げ捨てる。スパンは理にイス攻撃。理とスパンはエルボー合戦から、打ち勝ったスパンが理に椅子TFを仕掛け踏みつける。理はなんとかロープまで這いずって逃れると、スパンは理を投げようとするが逃れた理がドロップキックを叩き込みバーベにタッチ。

バーベにスパン軍は連携攻撃をしようとするが、バーベは串刺しラリアットシャトルラン。さらにダブルラリアットでなぎ倒しスパンをアルゼンチンで担ぎ上げそのままサモアンドロップ。フォールを返したスパンをアナコンダバイスでとらえるが、スパンはなんとかロープに足を伸ばす。
バーベはラリアットを放つが、これを避けたスパンがF-Uで叩きつけカリートにタッチ。

カリートはバーベにかち上げエルボーからジャンピングエルボー。さらにランニングエルボーを叩き込んでフォールも2。

カリートは後ろ手に組んでバーベのエルボーを受けきってからエルボー合戦へ。カリートはランニングエルボーを避けてスリーパーで捉えるも、バーベはそのままカリートを背負ってコーナーに叩きつける。そこへバーベは走り込もうとするがカリートがスピアーで迎撃すると、エルボー連打からローリングエルボー。これをバーベがエルボーで迎撃し投げようとするが、これを返したカリートへバーベがランニングラリアットブリーカー。これでバーベは理にタッチ。

理がランニングエルボーでカリートを倒し、ライトニングスパイラルからフォールも2。
理はノーザンライトを狙うがカリートは耐え肩に担ぐが、着地した理が延髄斬りから投げようとするも、カリートがニーリフトから頭突き連発。さらに上野駅13番ホームスラムで叩きつけスパンにタッチ。

スパンはビッグスパンキングで叩きつけSTFを狙うが理はすぐにロープを掴む。
スパンは肩に担ぐが理はスクールボーイ。返したスパンを理はコルバタで投げようとするが、これをキャッチしたスパンがSTF。これはバーベがカット。

スパンが担ごうとするが、理がノーザンを狙うも、スパンが胴締めフロントネックで飛びつくが、理はそのままノーザンライトスープレックスで投げ捨てバーベにタッチ。

バーベと理はダブルのショルダータックルから交互にエルボードロップを落とし、バーベはスパンを肩に担ぐとランドスライド。フォールも2。

バーベはスパンにラリアットを狙うが、カリートがカットしネックハンギングボム。スパン軍が連携攻撃を狙うがそこへ理がミサイルキックを叩き込む。

理はスパンをコーナーに座らせると正面に登るが、カリートが理をリングに落とす。そこへバーベが串刺し攻撃をし、二人まとめて肩に担ぎバックフリップ。
バーベはスパンにラリアットから後頭部にラリアットを叩き込み、さらに正面からラリアットを放とうとするもスパンとラリアットの打ち合い。強烈なスパンのラリアットを避けたバーベは走りこむも、スパンはエクスプロイダー。フォールも2。スパンはバーベにF-Uで叩きつけるもバーベは立ち上がりラリアットでスパンをなぎ倒す。両者タッチ。

理とカリートはエルボー合戦から理が往復ビンタ。更にスピンキックからハイキックを叩き込みロープに飛ぶも、スパンが場外からイス攻撃。倒れた理へスパン軍がキラーボムを狙うが、そこをバーベがカット。カリートがバーベを外に投げ捨てると、理へファイヤーサンダー。改めてバーベがカット。そこへスパンが出てきてバーベへイス攻撃。
カリートがバーベをコーナーに座らせると、スパン軍が合体雪崩式パワーボム。これでバーベをKOすると、理にキラーボム。これで終わるかと思われたが、復活したバーベがカリートにぶっこ抜きジャーマンスープレックス。さらにスパンをバックドロップで投げ捨てる。
理はカリートを立ち上がらせると、左右の張り手からリストクラッチ式ノーザンライトスープレックスホールド。これを2.9で返したカリートに、バーベがショートレンジラリアットを叩き込んで、理がムーンサルトンプレスを投下。これで理が見事勝利を掴んだ。