バトル・ニュース

第5試合


ノータッチルールとなった3WAY。先発はダスティと馬並とドーデス。次々各選手がホイップしていき距離を取ると全選手タッチ。
TAJIRI蟲がオータニと徳川に走りこむが、ダブルで投げられフォールされる。次々フォール合戦となるが、リング上に残ったのは徳川とオータニ。

両者エルボー合戦から徳川が走りこんだところへオータニがボディスラム。そこへダスティがスクールボーイ。それを返したオータニへコブラツイスト。それをドーデスがカットし、ドーデスがダスティを逆さ押さえ込み。それをカットしたTAJIRI蟲をドーデスがドロップキックで場外に出し、ドーデスがダスティに関節技。ドーデスとオータニがダブルのショルダータックルでSWS組へ連携攻撃をするが、ダスティとTAJIRI蟲が連携攻撃で攻めていく。だが徳川と馬並が足を引っ張り連携が崩されていく。

徳川をドーデスがチョップで倒していくが、馬並がドーデスにスリーパー。そこへダスティがドロップキックを叩き込み、二人まとめて俵投げ。
ダスティはドーデスにトラースキック。それをキャッチしたドーデスがチョップ連打からロープに振ろうとする。逆にロープに振ったダスティが顔面に膝を叩き込み肩に担ぐが、着地したドーデスがチョップ連打からパントキック。さらに走りこんでダブルチョップで倒すと。改めてブレーンバスターからバタフライロック。それを徳川がカットするも、オータニが徳川とエルボーの打ち合いへもちこむ。

エルボーの打ち合いは強烈な相打ちからラリアットの打ち合いとなり、打ち勝ったのは徳川。だがフォールも1でオータニが返しラリアットで倒す。しかしこれも1で返し、両者ラリアットの打ち合いからオータニがサイドバスターで叩きつけラリアットを狙うが、TAJIRI蟲が徳川を突き飛ばしフライングクロスチョップでカットしオータニにみちのくドライバー。フォールもドーデスがカット。

ドーデスがTAJIRI蟲をフライングニールキックで倒し、コーナーからディープインパクト、フォールも2。
ドーデスへ徳川がミサイルキックを叩き込みエルボーを連打。さらにバックフリップを叩き込むがフォールはダスティがカットへ。

ダスティへオータニがショルダータックルから馬並が出てきてオータニにチョップ連打。さらにダブルチョップから右ハイキックを叩き込み、場外に降りたオータニへトペを発射しようとするもそこへダスティが場外からイス攻撃。
リングで倒れる馬並にTAJIRI蟲がバズソーキック。立ち上がった馬並とTAJIRI蟲がキックの打ち合いからTAJIRIがスピンキックを顔面に叩き込み投げようとするも、馬並がカニバサミで倒しSTFを狙うが丸め込み合戦へ。両者距離を取り走りこむが、これはTAJIRI蟲がスパイラル式ファルコンアローで叩きつけフォールも徳川がカット。

徳川と馬並がサンドイッチ攻撃をダスティに叩き込むが、そこへオータニがランサルセから徳川へドーデスがニールキック。そのドーデスにダスティがフェイスバスターからTAJIRI蟲がハンドスプリングエルボー。そこへ馬並が出てきてアームホイップでTAJIRI蟲を場外に落とすと馬並がトペ。

リング上には徳川とドーデス。ドーデスのチョップと徳川のエルボーの打ち合い。
ドーデスがダブルチョップで倒すと、ハーフダウンの徳川へ走りこむが徳川はパワースラムで叩きつけコーナーに上る。徳川はミサイルキックを叩き込み、肩にかつぐと変形パワーボム。これをカウント2で返されると、馬並がドーデスを水車落としでセットし、徳川が革命を叩き込む。改めてコーナに登った徳川にTAJIRI蟲とダスティが延髄斬りをサンドイッチで叩き込む。
リング上の馬並にダブルのニーからダブルインパクト式のダブルチョップ。さらにダスティが昇天・改。ハーフダウンの馬並にサンドイッチキックからフォールもオータニがカット。

オータニがSWS王者組を叩き落としていくと、馬並のキックをオータニがラリアットで叩き伏せ走りこむが、馬並がキドクラッチからドラゴンスリーパー。オータニはそのまま馬並を肩に担ぎ立ち上がると、ドーデスがそこに飛び込み合体ディープインパクト。さらにブルーディスティニーをドーデスが馬並に叩き込み3カウントを奪った。