バトル・ニュース

第3試合


磯辺は関東初上陸。プロレスリング紫焔にもあがっている磯辺との闘いとなり、赤井がまずは手首を取っていく。そのまま手首の取り合いからヘッドロックの応酬。
ショルダータックルのぶつかり合いから打ち勝ったのは磯辺。磯辺はフライングメイヤーからスリーパー。磯辺はレフェリーの注意を反らすと赤井の顔面をかきむしっていく。磯辺はボディスラムからロープに飛んでエルボードロップ。フォールも2。

磯辺は赤井をロープに振るとヒップアタックで倒し、再度観客へのコールを促してからヒップアタック。見事コールも決まると、赤井をロープに振ろうとするが逆に赤井がロープに振りラリアット。これを磯辺がカットするも、走りこんできた磯部にパワースラム。さらに赤井がナックルパートから串刺しラリアット。再度串刺しラリアットをきめるとコーナー上でナックル連打。続いてノーザンライトスープレックスホールドを決めるも2。

赤井は磯辺をロープに振ろうとするも、磯辺はスタナーから串刺しエルボー。さらにブレーンバスターで叩きつけるとジャストフェイスロック。ロープに逃れた赤井は、走りこんできた磯辺をラリアットでなぎ倒しアイアンクローからREDBULL!!。
赤井はコーナーに登るが、磯辺が持ち上げ中央へ。だが背後に着地した赤井が後頭部に頭突きを叩き込み、走りこんできた磯辺を交わしジャーマン。だがすぐに磯辺も立ち上がりライパチボンバーを叩き込んで赤井は一回転。両者ダウンとなるが、張って近づいていった両者は膝をついてのエルボー合戦。そのままなんとか立ち上がりエルボーの打ち合い。
強烈なエルボーを磯辺が叩き込みバックフリップ。続いて磯辺がエメラルドフロウジョンを狙うが、赤井は着地しバックの取り合いへ。これは赤井がロープに押し込んでスクールボーイからハーフダウンになった磯辺へPK。

赤井はチョークスラムの体勢からコーナーに押し込んで片手でコーンバーに座らせると、肩に担いでキン肉バスターを狙う。見事キン肉バスターが決まりフォールも2.9!
赤井はコーナーに上るとキングコング・ニードロップを投下。磯辺はこれを回転して避けると、ライパチボンバーを叩き込み変形ノーザンライトバスター。フォールも2。磯辺は赤井を立たせると変形のエメラルドフロウジョンを叩き込み3カウントを奪った!