バトル・ニュース

試合後コメント


アジャコング
「お前ら下がれ!信用しないからなカメラマンとか記者とかこの野郎。そこのカメラマンもあんまり前出てくんなこの野郎!ぶっ飛ばすぞ。誰にも渡さねーからなこのベルト。誰も信用しねーからなこの野郎。カメラマンであろうが記者であろうが、プロレスラーだろうが芸能人だろうが、誰にも渡しませんこのベルトは!二度と同じ轍は踏まないからな。ちょっとでもお前ら変な真似したらな、全員ぶっ殺すぞこの野郎。わかったか!?後ろ回るんじゃねーぞこの野郎!散れ!皆散れ!!」

赤井沙希
――最後の一人まで残ったんですがね
「最後の方に、登場が最後の方だったので。私、先々月の後楽園のチャンピオンだったんですよ。今日知り合いの人とか、芸能関係の友達とか見に来てくださってて、沙希ちゃんなんの試合なの?ってアイアンマン、私前にしてたベルトアジャさんに取られたから、私が取り返すって言って結構、芸能関係の人が来てくださって、芸能とかの知り合いの人がまたプロレス面白いねんでって、そっからまた広げて欲しかったんですけど、できればベルトを巻きたかったんですけど、何が敗因なんですかね?何が敗因ですか?私何がダメでした?」
――パワーとかキャリアですかね
「パワー・・・そっか、パワー・・・あの、パワーではもちろん敵わないってわかってたので、やっぱり一瞬の隙とか、絞め技とか、自分は打撃とかプロレス見る側では打撃とか持ち上げてヨイショっていうのが好きなんですけど、自分にあった技で効果的なやつをもうちょっと勉強します」
――ベルト取られた時もブレーンバスター?
「垂直落下ブレーンバスター」
――今日もまた同じ技で
「そうだ。え?両国の時私返せたんだ・・・前回の後楽園は不意打ちやったから返せなかったんですけど、なんですかね?気合いなんかな?あん時にあって今にないものをちょっと探してみます」
――今回不意打ちではなくシングル戦になったんですけど、アジャさんの怖さとか感じました?
「やっぱり、入場しただけで一回りも二回りも、もちろん元々のアジャさんも大きいんですけど、それ以上にオーラを含めてすごく大きく見えたんで、入場の時点でちょっとビビったっていうのはもしかしたらあるかもしれないです。スターダムで世IV虎と試合した時に、集中するのに背中向けてたんですけど、それじゃダメだと思って今回は見ようと思ったんですけど、やっぱり一回りも二回りも大きく見えましたねアジャさんが」
――アイアンマンへの思いは変わらないですか?
「そうですね、その、もちろん私がDDTに参戦するってことになって、一番欲しかったベルトで、一番取りやすいとかそういうのは全然思ってなくて、競争率もその倍?何倍もあると思ってるんで、今日なんて、映像班の方が取ったりしてたんで、取れそうな人に回るまで待ちますってほんとは言いたいんですけど、それじゃいつも練習で教えてくださってる坂口さんもそうだし、普段プロレスの練習が意味ないってことになっちゃうんで、ちゃんとプロレスやってる方から取りたいなって思いますけど、そんな甘いこと言ってられへんから一回はちゃんとチャンピオンになって、オスカーのスタジオで撮影して、もっともっと世間に、DDTのアイアンマンってベルト取ったって、綺麗な写真で色んな媒体に載りたいです。ちゃんと、ベルトを巻いて、綺麗な写真を取ります。すいませんでしたとにかく」

ゼウス
「まあ、三冠の後やいうことで、こないなね、ベルトに挑戦、させてもらったわけやけど、まあこのベルトはこのベルトで、全日本の秋山さんも取ったり、芸能人のLiLiCoも取ったり、まあ一流の人間が取ってたから、その中に、俺の名前も連ねたっていうのはええかな。まあそういうノリかな。まあまあこれから、ゼウス、やるから見とってや」