バトル・ニュース

第2試合


まずはVTRにユニオンプロレスの竜剛馬が登場し、落語でアイアンバトルロイヤルを紹介。その様子を醒めた表情で赤井とヨシヒコが見つめる。だが、竜が「赤井沙希っていうお嬢ちゃんがアジャ選手に勝てるかっていうとね〜」と言ってると、赤井の表情が一変し、竜に「女の意地、舐めんなよ」と吐き捨ててから張り手をお見舞い。
だが、いきなり入場しようとするアジャをDDT映像班の久保が襲撃して、アイアンマン王者としてビデオカメラを持ったまま入場。そこに二番手のヤスが登場すると、久保はひたすら撮影し続ける。ヤスが容赦なくカメラを攻撃していくと、怒った久保は何とコルバタでヤスを投げたあと、さらにアストロシザースで投げていく。

そこに三番手の勝俣が入ってきて久保にミサイルキック。さらにサマーソルトキックからスワンダイブ。だが、久保はボディブローで迎撃。しかし勝俣はカサドーラで丸め込んで3カウント。アイアンマン王座を奪取した。そこに四番手の相島が登場してヤスをショルダーブロックで吹っ飛ばすと、勝俣にボディスラムからエルボードロップ。
そこに五番手の高尾が登場すると、ヤスは高尾と握手をして共闘。ダブルのカウンターエルボーを相島にお見舞いするが、ヤスはあっさり高尾を裏切って耳元で絶叫。だが、高尾もドロップキックを返したところで、六番手の光留が昨年大晦日のDEEPで勝利した盾を持参しながら登場。

盾を持ったまま勝俣をミドルキックで蹴り倒した光留は、そんまま逆片エビ固めでギブアップを奪ってアイアンマン王座を奪取。そこに七番手のアッカが登場。アッカに対してアリキックを連打した光留は、そのまま場外へ。そこに八番手の松永が登場し、ツバを吐きかけた手を高尾の顔面に沿い付けてから「マツ・ナガ・トモミツ」ポーズ。
そこから光留にブレーンバスターを狙ったが、逆に光留が投げたところを高尾が丸め込んで光留から3カウント。高尾がアイアンマンを奪取したところに九番手のゼウスが登場。アッカ、相島、ヤスを続けてOTRで失格させたゼウス。松永に煽てられて筋肉ポーズを取っているところに十番手の赤井が登場。

ゼウスと相対した赤井に松永が襲いかかる。ゼウスは女には手は出さない主義のようで、高尾をチョークスラムで叩き付けて3カウント。ゼウスがアイアンマンを奪取すると、十一番手の大石が登場。松永が大石に串刺しラリアットを叩き込むと、ゼウスも突進。だが、大石がかわすと松永が背後からゼウスをスクールボーイで丸め込んで3カウント。
怒ったゼウスが松永にラリアットを叩き込むと、大石が抑え込んで3カウント。大石がアイアンマンを奪取したところで十二番手のアジャが登場。いきなり一斗缶で大石を殴打したアジャ。一斗缶攻撃を赤井はかわしたが、大石に誤爆。そこをバックドロップで投げたアジャが3カウント。

アイアンマン王者となったアジャに赤井はダイビング・クロスボディーからランニングニー。しかしカウント2で返したアジャは張り手からバックドロップ。しかし赤井もカウント2で返す。アジャは容赦なく垂直落下式ブレーンバスターで叩き付けて3カウント。結局、アイアンマンのベルトはアジャの元に戻ったが、最初に襲撃されたダメージがあるアジャ様はご立腹の様子で引き上げていくと、ステージ上で撮影していた久保を殴り倒して溜飲を下げた。