バトル・ニュース

オープニング


第0試合が終わったあと、リング上には鶴見亜門GMと特別ゲストの山里亮太さんがリング上へ。早速山ちゃんにお約束のブーイングが飛ぶが、山ちゃんは「これでも僕、肛門を爆破されているんですよ!」と訴える。
新グッズ紹介をしていると、平田GOサングラスが早くも売り切れたという情報に場内がどよめく。さらに『劇場版プロレスキャノンボール2015』の東京での追加上映として、3月21日〜4月3日までの2週間、シネ・リーブル池袋で上映されることが発表された。

GMが山ちゃんに見どころを尋ねるが、山ちゃんから出て来る注目試合はディーノの試合やメインなど。すると「X気になりませんか?」と言い出したGMは、無理矢理Xを応援するときの“作法”をレクチャーするため大石真翔を呼び込む。
山ちゃんは「Xの正体が旭詩織って分かっているんだから、盛り上がるの無理ですよ」と言うが、「バカ野郎!」と張り手をお見舞いしたGMは、DDTのお客さんは出来たお客さんなので、きっちりと盛り上げると力説。観客総立ちでXの応援の練習するが、GMは「ダメダメダメ! 俺に恥かかせるなよ! 芸能人様が見てるんだよ! いまの3倍、いや10倍のテンションでお願いします! やれんのか!」と煽りまくる。

かなりのテンションで総立ちの観客が旭への応援を練習してみせると、山ちゃんもさすがに驚きの表情。そして山ちゃんが「さいたまスーパーDDT」と叫ぶと、全員で「スタート!」と叫んで、さいたま大会の開会を宣言。
オープニングVTRは飯伏がたまアリを一周しながら、主なカードを紹介。そしてベルトを持ったHARASHIMAに挑戦状を渡したところでステージ上から火花が上がり『GET READY』と共に本日の対戦カードを紹介。