バトル・ニュース

第5試合


緊張感が張り詰めた状態の中、まずは妹のイオが入場。ハイスピードのベルトを腰に巻き、手にピンクのアーティスト・オブ・スターダムのベルトを持って入場したイオ。世IV虎や岩谷麻優ら平成軍のメンバーがセコンドにつく。Fly to Everwhereワールドチャンピオンのベルトを肩にかけて入場した美央のセコンドには藤本、大畠、尾崎、チェリーがつく。裁くレフェリーは村山大値レフェリー。
試合開始のゴングが鳴っても両者なかなか動かない。睨み合った状態のままゆっくりとリングを回ると、ロックアップしようとするが、なかなかタイミングが合わない。するとイオは一旦場外に出て間を外す。

リングに戻ったイオと額をくっつけて睨み合った美央は、いきなり張り手から首固め。カウント2で返したイオは美央を睨み付ける。組み付いたイオはグラウンドに持ち込むと腕十字の体勢に。美央が防御するとイオはバックに回っていくが、美央は股下から足をすくって倒すとヒザ十字を狙う。
防御したイオは一旦離れる。不適な笑みを浮かべた美央は手四つの力比べへ。イオが下から捻り上げると、ロープに飛ばそうとする。美央が逆にロープに飛ばすが、ロープを掴んでストップしたイオは自らロープに飛ぶと、側転フェイントからドロップキック。

これで美央が場外に出るとイオはトペ・スイシーダを発射。リングに戻ったイオはチキンウインから横十字で丸め込む。カウント2で美央が返すが、イオはボディスラムから逆立ちニードロップを落とす。さらにその場飛びムーンサルトから腕十字を狙う。クラッチした美央は上になるが、イオは下からヒザ十字。
美央はイオの腰を叩いていくが、怒ったイオは立ち上がると美央の背中を何発も叩いていく。不適な笑みを浮かべると美央はエルボーを叩き込むと、イオは硬い表情でエルボー。すると美央は強引にフライングメイヤーで投げてからサッカーボールキック。さらにボディシザースに捉えるが、イオは美央の足を挟んでロックしていく。

さらに美央の右足にダブルニーを落としていったイオは、サッカーボールキックをお返し。美央もニーリフトから619を狙う。イオがかわすと後頭部にバズソーキック。さらにイオをロープに貼り付け、後頭部にジャンピング・フロントキック。ブレーンバスターを狙った美央だが、踏ん張ったイオ。すると美央はハイキックからブレーンバスターで投げていき、そこから得意技の首4の字固めへ。
10分が経過し、自ら反転させた美央はそのまま前転し、ポジションをリング中央に戻す。今度はイオから反転して首を抜くと、クロスフェースに捉えていく。ひっくり返して抑え込んだ美央だがカウントは2。エルボー合戦になると、お互いに一歩も引かず激しい打ち合いに。

そこから飛びヒザを叩き込んだ美央は女郎蜘蛛(=ぶら下がり式首4の字固め)へ。そこからコーナーに登った美央はミサイルキックを発射。かわしたイオはエルボーの連打で美央をロープまで押し込むと、張り手を叩き込む。だが、美央も走り込んできたイオをビッグブーツで迎撃。
両ヒザをマットについたままエルボーを打ち合った両者だが、そこから立ち上がったイオがエルボーを連打。しかしコーナーにホイップされた美央はコーナーに飛び乗って女郎蜘蛛を狙う。これを防御したイオは横のトップロープに飛び乗ってスワンダイブ式ドロップキックで美央を場外に蹴落とす。

コーナー最上段に登ったイオはケブラーダを発射。場外カウント15で美央をリングに戻したイオは、スワンダイブ式ミサイルキックを発射。15分が経過し、イオは619からもう一発スワンダイブ式ミサイルキック。カウント2で返した美央はヘッドバットを返すと、リバース・タイガードライバー。イオも立ち上がったヘッドバットを返すと、ダブルアーム式フェースバスターで叩き付ける。
バックに取り合いから美央がレインメーカー式延髄斬り。しかしイオも返す刀でバズソーキック。ダブルダウンとなるが、立ち上がったイオはコーナーへ。しかし、美央もコーナーに駆け上げると、ヘッドバットから雪崩式パワースラム。そしてエグ蹴り(=顔面蹴り)を叩き込むが、カウントは2。

首4の字固めにいった美央だが、反転して首を抜いたイオはそこからジャーマンで投げる。カウント2で返した美央は張り手を叩き込むが、イオもダルマ式ジャーマンを狙う。ロープを掴んで堪える美央だが、引き剥がしたイオは強引に投げる。カウント2で返した美央だが、イオはムーンサルトプレスを投下すると、ガッチリと抑え込んで3カウント。