バトル・ニュース

第4試合


4団体の代表が推薦した4選手による4wayマッチ。アイスからはつくし、WAVEからは引退が決まっている渋谷、ユニオンからはチェリー、そしてOZからは代表である尾崎自ら出陣。西尾美香に先導されて入場した尾崎に、つくしが「お願いします! すごい美人!」と言いながら握手を求めるが、尾崎が「嫌だよブス」と言うと、表情を一変させたつくしは張り手!
「あとで覚えておけよ」と凄んだ尾崎に、ほかの3人が力比べを要求。イラ立つ尾崎を見てチェリーが尾崎の味方になろうとするが、次の瞬間、つくし、渋谷と一緒に尾崎を攻撃。怒った尾崎はチェリーに「お前、年変わらないだろうが」と詰め寄っていくと、チェリーは「渋谷には何をしてもいいから助けて!」と懇願。

チェリーが渋谷を羽交い締めにして尾崎が攻撃しようとするが、チェリーが手を離して渋谷が迎撃。「渋谷ナイス!」とチェリーは渋谷と合体攻撃を狙うが、尾崎はジャンピング・ネックブリーカーで2人まとめてなぎ倒すと、つくしにはチェーンを巻き付けた手でパンチ。「孫(みたいなもん)だよ!」と吐き捨てた尾崎だが、つくしもコルバタで尾崎を投げるとドロップキックで反撃。
尾崎をロープに貼り付けてロープに飛ぶが、西尾が場外から足をすくって倒すと、場外に引きずり出す。そこから場外乱闘にな雪崩れ込むと、尾崎は裏切ったチェリーを捕まえてテーブルに叩き付けてから、ヒザを押し付ける。

チェリーも尾崎を鉄柱に叩き付けてからリングに戻ると、つくしを捕まえて戻ってきた渋谷とダブルの正拳突きから同時にサソリ固めを決めるクラシックギャルズ殺法。だが、同時ラリアットをかわした尾崎とつくしがスクールボーイで丸め込む。辛くもカウント2で返すと、渋谷が尾崎とつくしにモンゴリアンチョップ。
さらに2人をホイップして叩き付けようとするが、尾崎とつくしはうまく回避して逆に同時に串刺し攻撃。そこから尾崎はつくしを足4の字固めに捉えると、クビにはチェリーが首4の字固め。だが、尾崎はチェリーを場外に投げ捨ててからつくしに腕十字。

すると渋谷が反対側の腕に腕十字。「何だよ、お前ら邪魔だな」と渋谷を場外に投げ捨てた尾崎はつくしに首4の字固め。すると尾崎にチェリーに首4の字固め。さらに渋谷はつくしに逆エビ固め。ここで西尾が乱入してムチ攻撃。さらにコーナーに登っていったチェリーにも西尾がムチ攻撃をお見舞いすると、尾崎が雪崩式ブレーンバスター。
さらにチェリーの上につくしをパワーボムで落とすが、渋谷が尾崎とつくしを場外に追いやってチェリーに攻撃。そこにつくしがドロップキックでと備考が、渋谷がかわす。そこにチェリーは熟女でドーンを叩き込むと、2人まとめて春夜恋(=チェリー式丸め込み)。

尾崎がカットすると、チェリーは熟女でドーンを狙うが、かわした尾崎が掟破りの逆熟女でドーン。つくしも渋谷にアンプリティアー(=変形DDT)を決めるが、渋谷もジャックナイフ式エビ固めを返す。カウント2で返した渋谷につくしはミサイルキックを発射。だが、背後で体勢を低くして待っていた尾崎に躓いて倒れた渋谷を尾崎がエビ固めで丸め込む。西尾もちゃっかり乱入してカットに入れないようにして尾崎が漁夫の利で3カウント。してやったりの表情の尾崎だった。