バトル・ニュース

第3試合


観客がスマートフォンの光で照らす中、まずはフェアリーマスクを被った石川、関西、そしてフェアリー日本橋のフェアリットファミリーが入場。続いてもち、諸橋と共に入場したアジャは石川に「お前、サイズが合ってない!」と言うと、関西には「お前は本当にそれでいいの? ……悲しいよ」とポツリ。
もちがいつものポーズで握手を求めると、フェアリットファミリーの3人も優雅なポーズで握手に応じる。しかし変なおじさんな諸橋の握手は拒否したフェアリー。するとフェアリーvs.アジャで試合開始。

蝶のようにヒラヒラと舞ったフェアリーは「私は森の妖精フェアリー! お友達になりましょう」と言うが、アジャは突き飛ばして拒否。すると関西も蝶のようにヒラヒラと舞ってから「私も森の妖精ダイナマイト関西! お友達に……」と言ったところで突き飛ばすアジャ。だが、懲りずに石川もヒラヒラと舞ってから「私は森の妖精……」と言ったところでアジャは攻撃。
石川がダウンすると、後ろにもち、前に諸橋を抱えたアジャはそのまま石川の上に投下。もちと諸橋を愛犬を愛でるように撫でたアジャ。気を良くしたもちは石川に対してセクシーポーズを連発。「バレンタイン・フォー・ユー」とアピールするもちだが、石川はマスクを自ら脱ぎ捨てると、もちにボディブローを連打。

続いて関西がスリーパーに捉えると、そこからエルボードロップ。さらにフェアリーがもちの腹の肉を掴んで投げ飛ばす。「お腹はダメだって!」とアピールするもいを容赦なく踏みつけたフェアリーは、なおも腹の肉を掴んで投げ飛ばすと、噛みついていく。怒ったもちは石川に張り手を連打するが、ボディブローを叩き込んだ石川はもちの腹の上に容赦なく乗っかっていく。
だが、もちも関西をロープに叩き付けて体当たりするとレッグクラッチホールド。カウント2で関西が返すと、アジャがダブルハンマーを叩き込んでから空手ポーズ。「30年同期でやってきたけど、今日で終わり!」と言い放つ。

それを聞いた関西は自らマスクを脱ぎ捨て、アジャのラリアットを受け止めてからラリアット。アジャも関西のラリアットを受け止めると、次は相打ちになってダウン。両者タッチして石川と諸橋がリングイン。走り込んできた諸橋をショルダーブロックでなぎ倒した石川はブレーンバスターを狙うが、踏ん張った諸橋は逆に投げていく。
バックを取った諸橋だが、エルボーで逃れた石川はチョークスラム。これを投げて切り返した諸橋はクォーラルボンバー。だが、倒れない石川は追走式ニーリフトからチョークスラムで叩き付けると、ランニング・ニーリフトをお見舞い。

カウント2でアジャともちがカットするが、フェアリーと関西が入ってきて諸橋にトレイン攻撃。さらにフェアリーが魔法の杖で諸橋ともちを投げ飛ばすが、アジャにはまったく通じない。フェアリーがふて腐れると、マスクを被り直した関西が入ってきてアジャを説得。改めてフェアリーが魔法の杖でアジャを投げ飛ばすと、大人になって飛んでいったアジャ。
さらにフェアリーは杖で諸橋のスネを殴打すると、バズソーキックを叩き込む。諸橋も走り込んできたフェアリーにクォーラルボンバーを叩き込む。アジャが一斗缶で関西を殴打すると、もちが石川にテーズプレス。

諸橋がフェアリーを羽交い締めにすると、アジャが一斗缶を振り上げる。フェアリーがかわすと、寸前でストップしたアジャ。そこにフェアリーが魔法をかけると、アジャと諸橋がキス。それを見て思わず「オエー」と嘔吐くフェアリー。それで魔法から解けたアジャが「お前がやらせたんだろうが!」と一斗缶でフェアリーを殴打すると、諸橋が抑え込んで3カウント。
試合後、ゴキゲンなアジャ様は諸橋や関西にも熱烈キスをお見舞いしていった。