バトル・ニュース

第2試合


このミクスドタッグマッチは後輩は先輩に、つまり飯田は桜花から、風戸はイサミから2カウントで勝利となる変則ルール。相変わらずハイテンションで握手を求めていく風戸に、パートナーの桜花は苦笑い。するとイサミが先発で出て来るのを見て、桜花が風戸を制して先発か買って出る。
腕の取り合いからヘッドロックに捉えた桜花だが、イサミはヘッドシザースで脱出。ガブっていったイサミだが、桜花は自軍のコーナーに押し込んでいって風戸にタッチ。イサミのドロップキックを自爆させた風戸はアームドラッグから横十字で丸め込む。

カウント2で返したイサミはヒザに低空ドロップキックを叩き込んで飯田にタッチ。イサミとダブルのカウンターエルボーを入れた飯田は「女子プロいくぞー!」とアピールすると、風戸をロープに叩き付け、その反動で吹っ飛ばしてカバー。カウントが2だと「3だろ〜?」とアピールしてからヘアーホイップ。
タッチを受けたイサミも「コノヤロー」と叫びながら風戸をロープに叩き付ける女子プロ技を決めて「3だろ〜?」とアピール。タッチを受けた桜花は飯田とイサミにビッグブーツを叩き込むと、フェースクラッシャーで2人まとめてマットに叩き付ける。

「こうやってやんだよ!」と飯田をロープに叩き付けてカバーした桜花は、2で返されると「3だろ〜?」。さらに飯田の髪の毛を捻り上げて投げていった桜花は風戸にタッチ。チンロックに捉えた風戸はニードロップを落とすと、ショルダーネックブリーカー。続いて桜花が滞空時間の長いボディスラムで叩き付けてから逆エビ固めへ。
ロープに辿り着いた飯田だが、桜花がリング中央に引きずり戻すと、イサミが入ってきてサッカーボールキック。しかし桜花はイサミを場外に追いやると、飯田に串刺し式ビッグブーツ2連発。続いて風戸がエルボースマッシュからカウンターエルボー。変型のアームロックに捉えた風戸だが、飯田はどうにかロープに逃れる。

桜花のブレーンバスターを首固めで切り返した飯田。カウント2取られたら負けとなる桜花は慌ててキックアウト。しかし飯田がコンプリート・ショットを決めると、タッチを受けたイサミがダイビング・クロスボディーから串刺し式ジャンピング・フロントキック。チキンウイング・アームロックに捉えたイサミだが、桜花はどうにかロープに脱出。
エルボー合戦を挑んでいった桜花に対し、イサミはボディにパンチを言っておいてエルボー。桜花もエルボーと言っておいてスネを蹴っていく。だが、イサミは振りかぶると「ボディがガラ空きだ!」と腹パン。

桜花もブレーンバスターを狙ったイサミを逆に投げてから風戸にタッチ。エルボードロップからカバーする風戸。必死に1で返すイサミだが、ソバットからジャンピングソバットを叩き込んだ風戸は、桜花とトレイン攻撃。さらに風戸がブレーンバスターで投げると、ロープに飛び乗って桜花が背面エルボーを投下。
ジャックナイフ式エビ固めで抑え込んだ風戸だが、カウント1で返したイサミはカウンターのドロップキックを返して飯田にタッチ。ブルドッキングヘッドロックから顔面への低空ドロップキックを叩き込んだ飯田は、アンクルホールドに捉える。さらにステップオーバートーホルドとキャメルクラッチの複合技に捉える。

ロープに逃れた風戸は飯田の低空ドロップキックをかわしてカウンターのドロップキック。タッチを受けた桜花はダイビング・クロスボディーからブラディーEX(=クロスアーム式スリーパー+バックブリーカー)。グッタリした飯田に桜花がビッグブーツを叩き込むと、風戸が場外からドロップキック。さらに桜花はバックを取るが、飯田はヨーロピアンクラッチで切り返す。
これをヒップトスで押し潰した桜花だが、飯田も河津落としからグラウンド卍へ。15分が経過し、ストレッチマフラーに切り返した桜花は、そのまま立ち上がると押し潰してカバー。カウント2で返した飯田は逆打ちから腕固め。するとイサミも風戸に飛び付き横十字から六八九(=変型腕固め)へ。

桜花がどうにかロープに逃れると、飯田はまだ立ち上がれない桜花の顔面に低空ドロップキック。さらにロコモーション式フィッシャーマンズ・スープレックス。だが、3発目を垂直落下式ブレーンバスターで切り返した桜花。イサミがカウント2でカットすると、残り時間は3分に。イサミと桜花が連続で桜花の股下をくぐると、飯田はヨーロピアンクラッチへ。
カウント1で桜花が何とか返すが、イサミの勇脚(=トラースキック)から飯田がミサイルキック。しかし桜花も飯田にバックドロップを返す。ダブルダウンから桜花が風戸にタッチすると、飯田もイサミにタッチ。エルボー合戦から風戸が串刺し攻撃を狙う。

かわしたイサミはエルボーを叩き込むと、風戸をコーナーの上に乗せて雪崩式フランケン。エビ固めで切り返した風戸だが、後転して立ち上がったイサミはバズソーキックからダイビング・ダブルニードロップを投下。カウント2で桜花がカットすると、イサミの勇脚・斬(=ランニング式勇脚)をかわしたkざとがスライディング式アックスボンバー。
カウント1で返したイサミはジャーマンで投げるがカウントは2。風戸はうまく丸め込んでいくが、辛くもカウント2寸前で返したイサミは卍固めに捉える。しかし、ここで20分時間切れのゴングが鳴った。試合後、イサミと桜花は額をくっつけて睨み合うと、お互いに人差し指を出してシングルマッチをアピールしてから握手を交わした。