バトル・ニュース

第4試合

 飯塚が客席を徘徊する中、鈴木とTAKAはタイチ&デスペラードを帯同して入場。タイチがリング内にイスを投げ込む中、リングインした鈴木はそのイスを手に取り、マットに向かって投げつける。さらにCHAOSが入場してきたところに鈴木軍は奇襲攻撃を仕掛けていく。
 飯塚が場外でマイクのコードを使って矢野の首を絞めていくと、リング上ではTAKAがコズロフにサミング。コズロフも何とかカウンターエルボーを返すとサミングをお返ししてロメロにタッチ。

 コズロフがキャメルクラッチで捉えると、ロメロがロープに走って勢いをつけて攻撃しようとするが、それが長過ぎてコズロフがロメロに抗議。そこにTAKAが襲いかかるが、フーリガンズはTAKAをダブルのアームホイップで投げると和解。ロシア帽を被ったコズロフがTAKAにコサックダンスキックを見舞っていくと、続いてロメロがエルボー。
 さらにスワンダイブ式クロスボディーからコルバタで投げたロメロは、連続で串刺しラリアット。かわしたTAKAだが、振り返り様にロメロがラリアット。しかしエプロンから鈴木がロメロを蹴っていき、さらにロープ越しにぶら下がり式三角絞め。

 すると、そこから両軍入り乱れての場外戦へ。タイチ、デスペラードも介入し鈴木軍が優勢。鈴木も場外でロメロにスタンディング式アキレス腱固めを決めてからリングに戻し、サッカーボールキック。そこからロメロを場外に放り投げると、飯塚が鉄柵に叩き付ける。さらにデスペラードがストンピングを落としてからリングに戻すと、鈴木がアームロックから腕十字に捉える。
 防戦一方のロメロにTAKAが串刺し式アックスボンバーから串刺しニー。そしてロメロを場外に放り投げると、鈴木が鉄柵を使って痛めつけ、飯塚がイスで殴打。ボロボロになったロメロをリングに戻した飯塚はタッチロープを使ってチョーク攻撃。

 飯塚のバックドロップを逃れたロメロはスライディングで股下をくぐり抜けると延髄斬りを叩き込んで矢野にタッチ。高速でコーナーポストを外した矢野は、飯塚をコーナーポストが外され、金具が剥き出しになったコーナーに叩き付けると、「ヤノ・トウ・ルー!」ポーズを狙うが、背後から飯塚が阻止。飯塚のチョーク攻撃に対し、顎髭を引っ張っていった矢野だが、飯塚はマンハッタンドロップ。
 矢野も返す刀でマンハッタンドロップを決めたがが、鈴木が入ってきてランニングロー。矢野も髪の毛を突かんdえ引き倒すとコズロフにタッチ。張り手を見舞った鈴木だが、コズロフもローリング延髄斬りを返すと、ロメロとトレイン攻撃。さらにコズロフのロシアンレッグスイープにロメロがミサイルキックで合体。

 ロメロの不知火からコズロフが顔面へのフットスタンプを落とす。しかしタイチがロメロの足を掴んで場外に引きずり出す。すかさず鈴木がコズロフのバックを取るが、サムソンクラッチで丸め込むコズロフ。カウント2で返した鈴木はロープに飛んだコズロフを時間差で追走し、バックに滑り込むとスリーパー。そこからゴッチ式パイルドライバーで叩き付けて3カウント。
 試合後、タイチが矢野にイスを振り下ろすと、飯塚がコブラクロー。鈴木がそんな飯塚を引き剥がし、暴れる飯塚を抑え付けながら、鈴木軍で記念撮影をして強さと結束力をアピールしてみせた。