バトル・ニュース

第1試合

 私生活でのゴタゴタから試合出場停止処分となっていたタイチが復帰。前奏がついた入場テーマをエアーボーカルしながら登場したタイチは、パートナーのデスペラードにギター演奏を指示。一旦は乗ったデスペラードだが、ギターをその場に捨て憮然とした様子でリングへ。そんなデスペラードの頭を撫でるタイチだが、完全に火に油を注ぐ感じ。
 すると鈴木軍側は2人ともコーナーに下がり、先発を買って出た田中をイラつかせる。デスペラードがリングインすると田中はハンマーロックへ。だが、デスペラードは一旦ロープをくぐってからリングに戻り、田中の腕を逆にロープに絡みつける。

 そして髪を短くしたタイチにタッチすると、田中もシェリーにタッチ。「タイチは帰れ」コールが起こる中、タイチはロープの外に身体を出してシェリーをイライラさせる。そに薄ら笑いを浮かべながら握手を求めていったタイチは応じようとしないシェリーにガットショット。怒ったシェリーはソバットから脳天に低空ドロップキック。
 さらにデスペラードをショルダースルーで投げ飛ばすが、デスペラードもシェリーを場外に引きずり出す。そこにタイチが飛ぼうとするが、田中がカットして走り込む。逆にトラースキックで迎撃したタイチは田中を場外に蹴り出すと、イスを持ち出してシェリーを殴打。デスペラードも田中を鉄柵に叩き付けていく。

 シェリーをリングに戻すと、爆弾を抱えている左肩を攻撃。さらにタイチが「久しぶりのアックスボンバー」と叫びながら串刺し式アックスボンバー。続いてデスペラードも「アックスボンバー」と叫びながら大暴走。シェリーは1人で2人を相手にしていくが、タッチしようとしてもまだ田中がコーナーに戻っていない。
 すかさずタイチがシェリーの左肩を攻撃していくが、シェリーはデスペラードをタイチに叩き付けると田中にタッチ。ドロップキックを連打した田中は、デスペラードに串刺しジャンピングエルボーからサイドスープレックス。そして逆エビ固めに捉えるが、これはタイチがミドルキックでカット。

 パンタロンを取ったタイチはバズソーキック。これをかわした谷中はデスペラードをタイチに誤爆させると、バックを取ったデスペラードをサムソンクラッチで丸め込む。辛くもカウント2で返したデスペラードはリフトアップしてから前方に叩き付ける。そこにタイチが入ってきてトラースキック。
 そしてデスペラードが田中をギターラ・デ・ラ・ムエルタ(=リバース・ゴリースペシャル・ボム)の体勢で持ち上げると、タイチがブラックメフィストで合体して叩き付けて3カウント。試合後、マイクを持ったデスペラードは「KUSHIDA! どこ行った? 俺の挑戦退けて、安パイの痛風持ちの田口の挑戦受けて、そんなに防衛回数稼ぎたいか? とりあえず俺とタイチのタッグでお前らが持ってるタッグのベルト、それからだ。その次にお前が一人で持ってるベルトもいただくからな!」と言い放つ。

 さらにデスペラードは「帰ってきたタイチからもひとことあるから、よく聞いておけ」と言うが、タイチはマイクを持ったものの何も語らず、結局は持参したマイクスタンドで入場テーマをエアーボーカルし、ギターの当てブリをするデスペラードとセッションしながら引き上げていった。