バトル・ニュース

6.1 アントーニオ本多主催興行/新木場1stRing

アントーニオ本多主催興行 〜出来ごころ〜 日時:6
月1日(日) 開始:15:30 会場:新木場1stRing 観衆:427人(超満員)


オープニング

▼コールマイナーズグローブマッチ 30分1本勝負
ヤス・ウラノ(DDT)
7分34秒 アッパーカットwithグローブ→片エビ固め
●“Mr. Perfect” 福田洋(ユニオン)
第1試合

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
HARASHIMA(DDT)/里歩(我闘雲舞)/DJニラ(在野)
10分9秒 そうまとう→片エビ固め
火野裕士(K-DOJO)/●さくらえみ(我闘雲舞)/グレート小鹿(大日本)
第2試合


▼ブラ&サブミッションマッチ 30分1本勝負
男色ディーノ(DDT)
8分45秒 レフェリーが特に危険な状況と判断したため→TKO
●藤岡典一(フリー)
第3試合

▼シングルマッチ 30分1本勝負
佐々木大輔(DDT)
15分32秒 クロス・フェースロック
●マサ高梨(DDT)
第4試合

▼『SUPPONグランプリ2014』 20分
出場選手:
『北の最笑兵器』帯広さやか(我闘雲舞)
『優笑候補筆頭』菊タロー(アキバプロレス)
『僕の笑いを裁けますか?』木曽大介(DDT)
『行こうぜ!金型の向こう側』スーパーササダンゴマシン(新潟プロレス)
『ドラマチック印天然素材』高尾蒼馬(DDT)
『千のダジャレを持つ男』鶴見亜門(DDT)
※ササダンゴマシンと鶴見が同点のため、両者でサドンデス決着へ

<サドンデス>
『行こうぜ!金型の向こう側』スーパーササダンゴマシン(新潟プロレス)
ポイント先取
『千のダジャレを持つ男』鶴見亜門(DDT)
※スーパーササダンゴマシンが優勝
第5試合

▼メンフィスラストマンスタンディングマッチ 30分1本勝負
●アントーニオ本多
23分2秒 タッチダウン→KO
竹下幸之介(DDT)
第6試合

エンディング