バトル・ニュース

エンディング


 EVOLUTIONが世界タッグ3度目の防衛に成功した直後、DKのKENSOと真霜が登場。EVOLUTIONと睨み合ったKENSOは「次はDKだ! もう1回言うぞ、よく聞けよ。次はDKだ! KENSO&真霜がいく。いいか? もう1回言うぞ、よく聞けよ。次はDKだ!」とEVOLUTIONの世界タッグ王座に挑戦表明。
 以前から真霜を意識している諏訪魔が「オイ、真霜。お前はどうなんだよ?」と詰め寄ると、真霜は「いまこのタイミングで出てきたってことはそういうことでしょ? 分かるでしょ? 今日みたいな相手じゃつまらないんだと。俺たちがお前らのそのベルトを獲ってやるって言ってんだよ、この野郎!」と言い放つ。

 それを聞いた諏訪魔が「よし分かった。今シリーズ最終戦の後楽園でやってやろうじゃねぇかよ。覚えておけよ!」と、5.28後楽園大会でDKの挑戦を受けると宣言。「皆さん、俺たちEVOLUTION最強じゃないですか? オイ、佐藤。頼むよ。お前も今日、勝ったんだろ?」と言って光留にマイクを渡すが、光留が申し訳なさそうに「進化して、EVOLUTIONして、次勝ちます!」と言うと、最後は諏訪魔が 「EVOLUTION、何回負けても這い上がる、そういう気持ちで頑張ります! 応援よろしくお願いします!」と叫んで開幕戦を締めくくった。