バトル・ニュース

第6試合


 『チャンピオン・カーニバル』で優勝した大森隆男は、カーニバルでは別ブロックだったため対戦する機会がなかった吉江豊と一騎打ち。曙が復帰してくればチャンカン覇者として三冠に挑戦することになると思われる大森にとって、“仮想・曙”と言っていい相手だろう。

 ロックアップから吉江が振り払うが、ヘッドロックに捉えた大森。ロープに振った吉江にショルダータックルでぶつかっていった大森だが、吉江はなかなか倒れない。ならばとフロントキックを叩き込んだ大森だが、吉江は逆にショルダータックルで吹っ飛ばすと、手四つの力比べへ。
 互角の展開になると、ヒザを入れていった吉江が逆水平チョップ。大森もチョップで対抗すると、そこからエルボースマッシュ。さらに回転エビ固めを狙って飛び付くが、ヒップトスで押し潰した吉江。堪らず場外にエスケープした大森がエプロンまで戻ってくると、吉江はロープ越しにエルボー。

 さらにブレーンバスターを狙った吉江だが、大森も踏ん張る。逆に投げようとする大森だが、吉江は裏拳を叩き込むと体当たりして大森を場外に吹っ飛ばす。追いかけていった吉江は地獄突きからボディスラムで叩き付けるとヒップトス。リングに戻った吉江は「どうしたチャンピオン、オラ!」と大森を挑発。
 リングに戻ろうとした大森の腹部を踏みつけていった吉江は、コーナーに押し込んでヒッププッシュ。大森はチョップを返していくが、吉江は地獄尽くからコーナースプラッシュ。肩口に担ごうとした吉江だが、踏ん張った大森はフロントキックからニールキックを叩き込む。

 さらにフロントキックからもう一度回転エビ固めを狙う。吉江はヒップトスでの迎撃を狙ったが、かわした大森はスライディング・ラリアット。だが、裏拳で迎撃した吉江はコーナースプラッシュからスティンクフェイス。さらに超低空サンセットフリップを落とした吉江はジャンピング・ボディプレス。
 これをかわした大森は「よし、あげるぞ!」と宣言するとアックス・ギロチン・ドライバーの体勢に。だが、逆に肩口まで持ち上げた吉江はそのままマットに大森を叩き付けると、ジャンピング・ボディプレスを投下。さらにコーナー最上段に昇っていくが、追いかけていった大森。

 裏拳で叩き落とした吉江dが、走り込んでアックスボンバーで突き上げた大森は雪崩式ブレーンバスターで投げていくとアックスボンバー。相打ちに持ち込んだ吉江はカウンターのテーズプレスを決める。10分が経過し、どちらもなかなか立ち上がれない状況で先に立ち上がった大森はアックスボンバーを狙うが、吉江は何度もアウチに持ち込むと裏拳からアッパーカット。
 さらにローリング袈裟斬りチョップから走り込むが、大森はカウンターのアックスボンバー。カウント2で返した吉江だが、大森は間髪入れずスライディング・アックスボンバーを叩き込んで3カウント。チャンカン覇者の意地を見せた。