バトル・ニュース

第5試合


 悲願のアジアタッグ奪取に成功したDDT/チーム・ドリフの入江茂弘&石井慧介は、鈴木鼓太郎&宮原健斗を相手に初防衛戦。
 入江はKO−D無差別級王座の「いつでもどこでも挑戦権」も持っているため、万が一入江が負けてしまうとアジアタッグを失うだけでなく、DDTでの勢力争いにも大きく影響してしまう。一方、挑戦者組のセコンドには欠場中に潮崎豪がつく。

 石井vs.鼓太郎で試合開始。スピーディーなロープワークから石井がフロントキック。サンセットフリップをかわした鼓太郎はアームドラッグで投げていく。続いて入江と宮原がリングイン。ロックアップから宮原がロープに押し込むが、ここはクリーンブレイク。入江が自軍のコーナーに宮原を押し込んでいって石井にタッチ。
 しかし宮原はフロントキックからキチンシンクを見舞うと、石井を場外に放り出す。すかさず鼓太郎が鉄柵攻撃から腹部を鉄柵に叩き付けてからリングに戻す。宮原はそのフクビへのニーリフトからストンピング。

 苦痛で顔を歪める石井だが、鼓太郎のエルボーにはエルボーで対抗。だが、鼓太郎はボディブローからキチンシンク。さらにカナディアンバックブリーカーの体勢からガットバスター。石井もソバットからオーバーヘッドキックを放つが、かわした鼓太郎。しかし石井はカウンターの延髄斬りを叩き込んで入江にタッチ。
 宮原が飛び込んできてエルボーからヒザへの低空ドロップキック。さらに側頭部にも低空ドロップキックを叩き込んだ宮原は串刺しジャンピングエルボーからノーザンライト・スープレックス。カウント2で返した入江に対し、パワーボムの体勢に入った宮原。

 腰を落として踏ん張った入江はリバースで切り返すとランニングエルボーでなぎ倒して石井にタッチ。コーナーに登った石井だが、下からエルボーを叩き込んだ宮原は追いかける。しかし石井はターンバックルに奈落式DDTで叩き付けると、ウルトラタイガードロップを発射。さらに走り込んできた宮原をDDTで叩き付けた石井はロープに飛ぶ。
 宮原はカウンターのトラースキックからパワーボムの体勢。入江がカットするが、鼓太郎が入ってきて石井にビット(=ハンドスプリング・エルボー)。さらに串刺し攻撃を狙うが、横から入江がタックルでぶつかっていって鼓太郎を吹っ飛ばすと、串刺しラリアットからテディベア(=ヒップドロップ)。

 しかし鼓太郎はカニ挟みからファンネル(=619)を決めると、宮原のバックドロップにネックブリーカーで飛び付いて合体攻撃。しかし入江もブレーンバスターを狙った鼓太郎を逆に投げていくとコーナーに登っていく。宮原が追いかけていって雪崩式ブレーンバスターで投げると、鼓太郎がその上に石井をボディスラムで叩き付ける。だが、走り込んだ鼓太郎に入江がカウンターのラリアット。
 10分が経過し、入江と鼓太郎がエルボー合戦。入江のランニングエルボーをエルボーで迎撃し、ボディブローからアッパー掌底、さらにローリングエルボーでなぎ倒した鼓太郎。石井がカットに入るが、宮原が場外に連れ出す。

 鼓太郎はタイガードライバーを狙うが、入江はファイアーマンキャリーで担ぎ上げる。鼓太郎は肩車の体勢に持ち込むが、そこに石井はコーナーからミサイルキック。ドリフはgo2入江sleepを決めるが、宮原がカット。ならばと石井が宮原を場外に追いやってプランチャを投下。
 雄叫びをあげた入江はノータッチヘッドバットからエルボーを狙った鼓太郎を肩口に担ぎ上げてドリラー。カウント2で返した鼓太郎にエルボーパットを叩き込んで抑え込むが、鼓太郎もエンドレスワルツ(=連続ラ・マヒストラル)で切り返す。必死で入江が肩をあげると、石井が飛び込んできてカウンターのニールキックを叩き込む。そこから入江が自分が垂直落下式バックフリップで叩き付けて3カウント!

 入江も石井も歓喜のガッツポーズ。ベルトを抱きしめて座り込んだ入江はコーナーに登ろうとするが、ダメージで足を滑らせる。宮原は石井になおも詰め寄ると、入江を睨み付ける。だが、自ら3カウントを取った入江は満面の笑みで何度も何度も3カウントをアピールした。