バトル・ニュース

第2試合


 先シリーズ、K−DOJOの真霜拳號を新メンバーに迎えたKENSOが本格始動することを宣言したDK(ダークキングダム)。まずはKENSOと真霜のツートップが西村&親父相手に初陣。
 真霜と西村の先発で試合開始。西村をコーナーに押し込んでいった真霜は離れ際にニーリフト。手四つの力比べになると、真霜が押し込んでいくがブリッジで堪えた西村は、そこから押し返していくとダブルリストアームサルトで投げていく。

 腕の取り合いから真霜がカニ挟みで倒していくが、西村はすぐに立ち上がる。タッチを受けた親父がミドルキックを叩き込んでいくが、敢えて胸を突き出して受け止めた真霜はローキックで倒してKENSOにタッチ。
 親父は出会い頭にドロップキックをお見舞いすると、チョップの連打から串刺し攻撃。これを姉崎レフェリーを盾にして防いだKENSOだが、親父はあり乾杯(=ウラカン・ラナ・インベルディダ)を狙う。

 これをエプロンから真霜がカットすると、KENSOが張り手を見舞ってから親父のマスクを剥ぎ取って場外に放り出す。親父を鉄柵に叩き付けていったKENSOは、止めに入る若手にも張り手をお見舞い。その間に真霜も西村を鉄柵に叩き付けてから、北川の客席に雪崩れ込んで大乱闘。
 乱闘の隙を突いてマスクを被り治した親父だが、KENSOは観客から奪い取ったビールで西村を殴打してからリングに戻す。怒った西村はエルボースマッシュでカチ上げていくと、真霜にもエルボースマッシュ。そして親父にタッチすると、親父は逆水平チョップの連打から串刺しエルボー、ミサイルキック。

 だが、KENSOも走り込んできた親父にカウンターのラリアットを叩き込むと、控えの西村に張り手。その間に真霜が親父を垂直落下式ブレーンバスターで叩き付けると、KENSOはもう一度親父の首をへし折らんばかりのラリアットを叩き込んで3カウント。