バトル・ニュース

第4試合


 カラテ、吹本と共に空手着を着た石川修司もバレーボールを手に入場し、石野真子の『ワンダー・ブギ』に乗って見事なダンスを披露。踊り終えた3人は満足気にハイタッチ。
 小鹿vs.カラテという超注目の顔合わせで試合開始。小鹿に睨まれたカラテは真っ直ぐに自軍のコーナーに戻り吹本にタッチ。ロープに押し込んで離れ際にチョップを叩き込んだ吹本だが、逆にロープに押し込んだ小鹿はクリーンブレイク。

 腕を取って捻り上げた吹本だが、逆に腕を取っていった小鹿。さらに下から蹴り上げていった小島はウインガーにタッチ。ヘッドロックに捕らえた吹本はロープに飛ばされると、一度はショルダータックルでなぎ倒すが、ウインガーはアームホップで投げていくと、ナックルパートからロープに飛ぶ。
 ここでセコンドの石川が足をすくって倒すと、カラテが入ってきてダブルの正拳突きからダブルのフライング・クロスチョップをお見舞い。さらにコーナーに飛び乗ったカラテは、振り向き様のクロスボディーを狙ったが、かわされて自爆。

 吹本が飛び込んでくるが、キチンシンクで迎撃した小島はチョークスラム。だが、石川が乱入して小鹿を場外に連れ出すと、バレーボールをそこら中にスパイクしながら小鹿の首を絞めていく。リング上ではカラテがウインガーに変型のグラウンド卍を決めてどうめきが起こる。
 さらにカラテはバックを取るが、ウインガーは急所蹴り。悶絶するカラテに対してダイビング・セントーンを投下するが、かわされて自爆。そこに吹本が入ってきてウインガーをパッケージ・パイルドライバーで叩き付けると、心身状態のカラテを上に乗せてカバーするがカウントは2。

 石川も乱入して小鹿をネックハンギングで吊り上げると、目を覚ましたカラテがウインガーに正拳突きを叩き込んでから首固めで丸め込むが、ウインガーが逆に転がって首固めで抑え込んで3カウント。
 なおも小鹿に詰め寄っていくカラテだが、小鹿がネギでカラテの脳天を殴打。そしてマイクを持ったウインガーがカラテに向かって「オイ、カラテバラモン。ひと言いわせてくれ。お前な、いまの病気絶対に治してフリーダムスのリングに絶対帰ってこいよ! 病気なんかに負けるんじゃねぇぞ。次、お前が帰ってきたとき、このベルトとお前のネギを賭けてやってやるからな!」とエールを贈った。