バトル・ニュース

第5試合

 GHCヘビー級のベルトを腰に巻いて入場した永田。その永田と後藤の先発で試合開始。まずは後藤がショルダータックルでなぎ倒してからサッカーボールキック。これに怒った永田は喧嘩腰のエルボーで反撃すると、サッカーボールキックをお返し。さらにフロントキックでなぎ倒すが、後藤もショートレンジラリアットを返してFK。これをかわして睨み合った永田はキャプテンにタッチ。
 するとキャプテンは柴田を指名! 後藤がこれに応じてタッチすると、キャプテンは低空タックルでテークダウン。柴田もレスリング流の動きで対応し、お互いに譲らない。ヘッドロックに捉えた柴田は執拗に絞め上げる。

 ロープに振って逃れようとするキャプテンだが、柴田はそれを許さない。ロープに押し込んだブレイクさせたキャプテンだが、柴田はキャプテンを場外に放り投げる。すぐに戻ったキャプテンだが、柴田はサッカーボールキックから再び場外に放り投げる。すぐに戻ってナックルパートを叩き込むキャプテンだが、柴田はニーリフトを返すと場外に放り投げる。
 キャプテンがリングに戻ると柴田は相手コーナーに叩き付けて永田を指名するが、キャプテンは柴田に向かっていくとジャンピングショルダーを返してから永田にタッチ。永田の串刺し攻撃を蹴りで迎撃した柴田はエルボーを連打。

 だが、柴田が串刺し攻撃を狙ったところに追走した永田は串刺しフロントキックからエクスプロイダー。「来い!」と挑発する柴田にエルボーを打っていった永田だが、柴田もカウンターでキチンシンクを返すと後藤にタッチ。串刺し式の村正(=ニールキック)からバックドロップで投げた後藤はブレーンバスターを狙うが、逆に投げていった永田はキャプテンにタッチ。
 ナックルパートから足を捉えても延髄斬りを叩き込んだキャプテンはクロスボディーからダイビング・ヘッドバットを投下するが、かわした後藤はラリアットを狙う。これをヒラボトムで切り返したキャプテンは気を溜めるポーズ。

 背後から柴田が殴っていくが、永田が柴田を場外に連れ出す。その間にキャプテンは後藤にカリビアンデスクリップ(=コブラクロー)を決めていくが、後藤は振り払って特攻ラリアット(=ショートレンジのカチ上げ式ラリアット)を叩き込むと、昇天・改(=マットに叩きつける際にエルボードロップになる昇天)で叩き付けて3カウント。
 まるで青義軍時代の平澤を彷彿させるような場面も見られたキャプテン。キャプテンの覚醒が近いのか? それとも……