バトル・ニュース

第5試合


 「イエーイ!」とKちゃんパンダ風に登場したブラザー・モンとブラザー・トミーは、野郎Z(1回目なのに)恒例のじゃんけん大会を行うということで、ジャンケンをする大畠を呼び込む。男ばっかりの客席を見て「むさくるしい」とぼやいた大畠がジャンケンをすると、あっという間に優勝者と準優勝者が決定。
 2位の方には大畠のキスマーク入りのサイン色紙をプレゼント。その場でキスマークをつけた大畠だが、何と1位の方には“パイ拓”をプレゼント。「私のサインじゃないです」と大畠が言うと、何とそのパイ拓はブラザー・トミーのだというオチが……

 男色ディーノvs.松田慶三というある意味禁断のカードが始まると、松田は「カモン、ヤングボーイ」。するとディーノは観客に若干難しい手拍子を要求。当然リズムが取りずらい観客。するとディーノは股間を指差しながら「コレが欲しいんでしょ? 欲しいなら欲しいって素直に言いなさいよ」と詰め寄る。
 そんなディーノに張り手を見舞った松田だが、立ち上がったディーノは股間にソフトタッチすると、「ほら、欲しそうな顔になってきた。いい顔してるわね!」と言ってニヤリ。

 松田はボディスラムを狙うが、逆に松田の股間をまさぐったディーノは、密着していって股間への男色クロー。すると松田は「気安く触りやがって!」と言いながらディーノを睨み付ける。「いいならいいって言いなさいよ」と迫るディーノは男色ナイトメアーを狙うが、松田はすぐに脱出。
 滞空時間の長いブレーンバスターで投げていった松田は、ガットショットを見舞って行くが、蹴り足をキャッチしたディーノは男色スクリューから男色エクスプロイダー。リップロックを必死に防御した松田はマンハッタンドロップ。「お前には付き合わないんだよ」と言ってブレーンバスターを連発した松田だが、カウントは2。

 さらに松田をディーノをコーナーに乗せると、雪崩式フランケンで投げていく。松田も頭からマットに転落したが、それでもあっリアットを狙う。これをかわしてトラースキックを叩き込んだディーノはシャイニングあてがいからファイト一発!。だが、効いていない松田は「You!」とディーノを指差す。
 しかしリップロックで松田を朦朧とさせたディーノは男色ドライバーの体勢に。だが、リバースで切り返した松田を男色タイツを引っ張って脱がしてしまう。そのまま回転エビ固めで丸め込んだディーノだが、キックアウトした松田はカウンターのラリアット。

 しかし男色タイツを手にした松田に観客から「穿け!」コールが起こると松田は男色タイツを装着。ディーノの男色クローを食らってエレクトした松田はリップロックを見舞って、ディーノを骨抜きにすると掟破りのツームストン式男色ドライバー! 思わずディーノ自らタイツの中に顔を入れ、松田のタイツを引っ張ってTバック状態にしてからマットに叩き付けられて3カウントを聞いた。
 試合後、見つめ合った両者はフレンチキッスをすると、一斉に客席に雪崩れ込んでいき、選びたい放題の男性客の唇を奪いまくり。さらに花道でスタイナーポーズ……とは、ちょっと腰の位置が違うポーズで締めくくった。