バトル・ニュース

試合後コメント


のの子&坂崎ユカ
――デビュー戦を終えて今の気持ちを
ユカ「先輩方の胸を借りるつもりで堂々と試合できたんじゃないかと思います!勝ててよかったです!」
のの子「途中で、浦えりかさんに負けそうになりましたけど、胸じゃねーんだぞと言われましたが、私はこの胸で!今日!デビュー戦を二人で勝ち取ったので、やはり、東京女子の最胸!最も胸と書いて最胸は私です!そう思ってます。勝てて良かったです。また次の試合も胸を張って頑張ります!」
――ボインメーカーは思い通り決まりました?
のの子「はい!ボインメーカーはいい風に決まったと思います。やっぱりここ(胸)の強さをアピールできたし、まあKカップ以上じゃないと雨見えなかったかなって思って。実は降ってたんですよ?でもKカップ以上しか見えない雨を増やしていたので、もうちょっとカップ数を落とさないとダメなんだなって思いました。次はそうですね、ん〜Iカップとかの人には見える雨を降らせようかなと」
――次は山下選手が意識して挑戦を表明してきましたが
のの子「そうですね。まあ、でも、やはり、最胸は私なので。まあ、エース?なんて後からついてくるもので、自称するものではないと思ってますので。また、次も、どんどん前に進んでいこうと思ってます」
――最後の技の名前は?
のの子「パイフライフローです!」
――パイフライフロー?どこかで聞いたような
のの子「オリジナルです」
――試合後浦選手がウエストがあれだと認められない、次回メジャーを持ってくるという発言をしていましたが
のの子「まあ、やっぱり、女の子ですから、若干1cm程度の誤差はでるんですね。体調にもよりますし。女の子ですから。まあ、1cmぐらいは大目に見てもらえばいいかなと思ってますね。どんと来いです」
――ちなみに東京女子は三禁ですが、彼氏は?
のの子「彼氏…いないですね、欲しいですね」
――欲しいんですか!?あの、三禁の意味わかってます?
のの子「え?三禁?」
――タバコ、酒、男は
のの子「は、良いってこと」
――ダメです!
のの子「そうですね…彼氏は募集中です♪彼氏というか、そうですね、常に募集してます。あとタニマチも募集してます!タニマチ募集と書いてください。ビンボーで、ジムに通えないので、ジムに通わしてくれるタニマチ募集と書いて」
――ユカ選手は会見で覇王翔吼拳を出すと言われていて実際に出したわけですが
ユカ「そうですね、覇王翔吼拳を出すタイミングが出るとは思わかったです自分でも」
――見た目には気ではなくのの子選手が飛んでいったように見えましたが
ユカ「いや、あれは私の放つ覇王翔吼拳とのの子さんが一体となっただけで、のの子さんが飛んでいったわけではないですね」
――今回デビューされて今後どのようなプロレスラーになっていきたいかを改めて
ユカ「そうですね、ぴょーんと跳ねて、バーンと受けれるような、はい、忍者みたいな?忍者、です」
――最後にファンに向けてのメッセージを
ユカ「今回デビュー戦だったんですけども、先輩方のおかげで運良く勝つことができて、今回はのの子さんのおっぱいありきの勝利だったので、今度は自分の力で勝利を手にできるようにもう人以上に努力して練習して鍛錬していきたいと思います」
のの子「今日はやはり、胸じゃねーんだよと言われましたが、この胸で勝ったので!どんどん、もっと!もっと色んな技を生み出して、どんな敵でも倒していこうと思っております。誰でも挑戦してきてください。タニマチ、募集しております♪」

中島翔子
――旗揚げ戦終えていかがでした?
「そうですね、試合自体は楽しくやらせていただきましたが、なんだろうな?勝てなかったなというのはありますけど、これで旗揚げ戦で団体がようやくスタートを切れたということで、このメンバーでもっと楽しいことがいっぱいできるかなと思うと、次とかもすごく楽しみで、まあ私は課題ばっかりなので、とりあえずシングル初勝利を狙って行きたいと思います」
――ボインメーカーの威力はいかがでした?
「あー、そうですね、Kカップ、KカップのKは凶器のKだと思います(苦笑)非常になんだろう、跳ね飛ばされるじゃないですけどね〜ふざけたわざですね(苦笑)」
――先にデビューした4人の中で唯一デビュー戦の二人と戦ったわけですが、いかがでした?
「ん〜、なんだろうな?そうですね、デビュー戦、なんかデビュー戦てなると自分たちはなんだろう、今までずっと四人でやって来たメンバーの中で戦ってきたから、新しい人、後輩と戦うっていうのが不安でした。知ってるカードじゃないから。新しい感じだったから。だけどなんだろう、のの子さんに関しては苦戦すると思わなかったので、非常に悔しいですが!」
――今後の展望とファンに向けてのメッセージを
「展望!展望そうだな、速い選手になりたいです!速い選手に動き回れるかっこいい選手に、なりたいです!ファンの皆さんに向けては、ファンの皆さん、中島を応援してくださってる皆さん、シングル初勝利しばしお待ちを。絶対勝ちます」

浦えりか
――東京女子プロレス旗揚げ戦に参戦したわけですがいかがでした?
「旗揚げ戦に参戦するということをネットの番組で告知させてもらった時に、旗揚げに参戦するってことはこの団体はこれでいきますっていう事に出ることなんだからお前すごい責任重大だよって言われて、やっぱり自分だけ団体の選手じゃない状態で、どうなるかなって思ったんですけど、試合までに練習にも参加させてもらって、ほんとに所属の選手の皆がほんとにプロレスに関して一生懸命で、私もプロレスがあまりできないできに好きな気持ちはあるので、一緒にこの東京女子プロレスをおっきくして盛り上げていけるそういう一員になれたらなと。また呼んでいただけたらいつでも出たいなと思いました」
――久々のプロレスの試合はいかがでした?
「前にやったのがブシロードの時なんですけど、その試合自体2年以上前で、それも女子とやるのはほんとに3,4年ぶりとかなので、チョット自分でも不安だったんですけども、ほんとに皆の熱意に自分も引っ張られた感じでしたね。楽しかったです」
――のの子さんはプロレスラーとしてとアイドルとしていかがでした?
「プロレスラーとしてはすごくいい選手だなと思うんですけど、アイドルとしては、胸は羨ましいですけど…ボン、なので、そこはちょっとやっぱりまだ認めてないですね」
――Kカップは認められないと?
「あの、ここ(胸)からのこう(凸)じゃなくて、こう(凹)なったらすごいなと思います」
――のの子さんウエスト68cmですよ?
「へ!?あれ?80の間違いですよね?いやいやいや」
――いえ、68cmです
「ちょっと今度メジャー持ってきて計らせてください!」
――最後に今後について
「男装アイドルユニット風男塾でも活動しておりまして、男の子としても女の子としても色々活動してますので是非プロレス好きな仲間として応援してもらえたら嬉しいです。ありがとうございました!」