バトル・ニュース

2013/05/22


 きょうは少し趣を変えて女性シンガーについて書いてみる。その名はAsian-Q。中国との国交正常化イベントに主演予定だったが、ここ一連の騒動で中止になってしまった。
 彼女たちの魅力はリーダーの早瀬仁美くんが引っ張っていくグループで、“何でもこなす”のが魅力という。中でもリーダーの早瀬仁美は軽妙なしゃべりも得意で、何とも気さくな味が人気を得ている。

 俺も先日ネットTVで対談したが、プロレスには余り興味はない様だが、「これからファンになりそうです」と前向きにプロレス入りを宣言していた。今度28日に彼女と2回目のネットTVをやることになっているが、一方でプロレス会場で試合の合間に一曲披露する機会がありそうだ。
 まだ正式にいつかは決まっていないが、近く発表されそうだ。その時には、ぜひ応戦してあげて欲しいね。

 それにしても時代は変わったね。プロレスも一つのイベントとしてバラエティー化していく。要はファンが喜んでくれればいいわけで、団体が“押し付ける”時代ではないのかもしれない。
 俺にとっては少し淋しいが、これも時代かなと。小橋の引退以来、これといった話題のないプロレス界に、早瀬仁美くんが一輪の花になることを祈る。